たまねぎ便り

LunaLarmoキャラ紹介リベルディシュ関連キャラ紹介ゾンビサバイバル
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-31-Mon-23-56

ペインター紹介

某友人さんがスキャナ買ったぜということで、今私が使ってるペインターを紹介してみます!
って、これ相方さんにも「紹介するぜ!」って言いつつ、記事書くの忘れてたんですけどね;
ごめんよ我が相方…;

AzPainter2

SAIとかフォトショとか、市販ソフトの有名どころをことごとく使ったことないので、
比較するとどうなのかとかはなんとも言えませんが;
とりあえず、祐喜くらいのレベルの塗りなら割とどなたでもできるとおもいますよー!
って、これあんまオススメになってないか!爆

<個人的おすすめポイント>
・重さは約500KBくらいでかなり軽いのでPCへの負担は軽いです。
・機能は分かり易くて使い易い方だと思われます。
・アニメ塗りとか楽にできるかな。
・マスクや逆マスク有りで、テクスチャ(トーンみたいなやつ)も豊富。
・コントロールウィンドウの左下のスポイトで、デスクトップや他ウィンドウの色を取得できる。
・パレットウィンドウに自分の作った色を保存できる。パレット読み込みや保存も可。
・沢山レイヤを作れる。50レイヤくらいつくったことあります。
・レイヤをファイルに保存、またファイルからレイヤを追加できる。
・レイヤごとに乗算、スクリーン、焼き込みなども設定できる。
・ガウスぼかしが使い易い。
・個人的に、夜とか暗いところが舞台の絵が描きやすい(星とか、薄暗い中で目とか髪だけ光ってるとか)。
・あと、大分前に某方の鎧絵塗らせて頂いたのですが、鎧の質感とか出し易かったです。
・ファイル形式を変え易い。
・イメージサイズの拡大縮小やトリミングなど、ファイルの重さや大きさを変えるのが楽。
・JPEGなどの劣化を抑えやすい気がする。
・フォトショ形式のファイル(PSD)も開けるらしいよ(ただし8bitのRGBのみらしいです)。

<個人的ウィークポイント>
・大きなサイズの絵の着色などには向かない。
・多分市販のものよりは劣ると思う。市販のほとんど使ったことないので実際のところは分かりませんが。

以降、製作者さまサイトとAzPainterの講座を載せていらっしゃるサイトさま。参考にどうぞ。
(製作者さまは、他のソフトなども公開していらっしゃるので、気になった方はそちらもどうぞです。)
AzSky(Azelさま/製作者さまサイト)
AzPainter使い倒し(REIKOさま/講座。AzPainter用テクスチャも配布して下さってます)

つづきにてAzPainterのアナログシャーペン絵簡単加工法。
(もっと上手い加工の仕方を知ってる方がいらっしゃいましたら、教えて下さると泣いて喜びます。マジで。) AZ解説1
AZ解説1-2
縮小意外何もしていない元絵です。
所々、消しゴムの跡の黒ずみが残ってます。

①メニューにある『フィルタ(F)』の『カラー』から『ポスタリゼーション』を選びます。
②ポスタリゼーションの階調の数値をだいたい9~16くらいにします
(私は、今回16にしました。この階調の数値はプレビューを見ながらお好みで調節して下さい。
ただし、数値を低くするほど③の消しゴム作業は楽になりますが、その代わり線に粗が目立つようになります。)

で、ポスタリゼーションをした後の絵がこちらです(↓)
AZ解説2
AZ解説2-2
ポスタリゼーション前の絵よりも、黒ずみが減っていることが分かると思います。
縮小しているので多少分かり辛いですが;
自分でやってみると、肌とかにうっすら広がる黒ずみがなくなっているのが分かり易いです。
(ちなみに、この黒ずみを取るのをやらないと、着色したときに肌色などの見栄えが悪くなります。
あと、JPEG保存した時とかに劣化しやすくなります。)

③残った黒ずみや線のはみ出し部分などを、消しゴムで消したりペンで補修したりなどして修正します。
④『フィルタ』の『輝度から線画抽出』を選んで、背景の白を透明にする。
このとき、上手くいかないなと思ったら、別の新規レイヤを作ってそこに白色を塗りつぶして、
その真っ白に塗りつぶした新規のレイヤを、先に用意してある線画を描いたレイヤの下にしてから、
レイヤウィンドウの『下のレイヤと結合』を選んで、もう一度『輝度から線画抽出』をやってみて下さい。
(ちなみに、「『輝度から線画抽出』をして背景の白を透明にする」の代わりに、
「線画の描いてあるレイヤの状態を『通常』から『乗算』にして背景を透明にする」という方法もありますが、
個人的に『輝度から線画抽出』の方がオススメです。…ぶっちゃけ、乗算の方が手軽なんですけどね!笑)

で、修正したものがこちら(↓)
AZ解説3
AZ解説3-2
これで修正作業は終了です。
しかし、このままではシャーペンの主線の色が薄いのが気になりませんか?
ということで、主線の色を濃くします。

⑤線画の描いてあるレイヤを、レイヤウィンドウの『複製(複製ボタン)』で好みの濃さになるまで複製します。
⑥複製したレイヤを『下のレイヤと結合(結合ボタン)』をクリックして結合します。

AZ解説4
AZ解説4-2
これで、線画の完成です。
あとは線画のレイヤの下に新規レイヤを作って好きな色に着色するのみです。
ちなみに、レイヤの名前は小まめに変えておくと、どこに何が描いてあるかor塗ったかがわかり易くて便利ですよー。

注)この方法はAzPainter2でしかやった事がないので、旧版の方でも使えるかは確かめてません。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kerutomeideli.blog15.fc2.com/tb.php/108-3051226a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。