たまねぎ便り

LunaLarmoキャラ紹介リベルディシュ関連キャラ紹介ゾンビサバイバル
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-07-Thu-17-50

ちょっとした珍道中。その1

ということで先行公開(なのかな?)。
ずっとここのままかもしれませんし、日がたてば改訂してサイトに移るかもしれない。
そんな小説を載せてみます。
「ボーナス。」

「は?」

「だから、ボーナスだ。」

「部下が主のために遣えるのは当たり前だろ?」

「主が部下の働きに見合った金を払うのも当たり前だ。」

「って、いつもちゃんと給料やってるだろッ!

俺が給料も払ってない悪いヤツみたいに言うなよなこの給料ドロボウ!」

「俺の方こそ給料ドロボウとは心外だ。俺のどこが給料ドロボウだ言えるもんなら言ってみろ。」

「多すぎて言い終わるまでに殺されるってのッ!

……わかったわかった。ボーナスやるからとっとと剣抜け。片付けるぞ。」

ため息をついて、主と思われる短髪黒髪の男が、鞘から剣を引き抜く。

「まだだ。いくら払う心積もりかを聞いていない。」

「はぁッ!? ふざけんなよお前解雇するぞッ!!」

空中から襲い掛かってきた猛禽のような魔物を、主の男が切り捨てる。

さらには前から飛び掛ってきた熊のような魔獣に、二太刀浴びせて息の根を止める。

しかし、そんな主の叫びもものともせず、部下と思われる黒髪長髪の男は、煙管で一服。

「って、何こののんびりマイペース!職なくなって困るのはお前の方だぞ!」

「大馬鹿が。解雇するなら勝手にしろ。

ただ、こんな悪条件の上低賃金で働く、俺以上に優秀な騎士は他にいないぞ?」

「…自分のことを棚に上げて、よくもまぁそんなに勝手なことを次から次へと。」

「金貨5枚で手を打ってやろう。今払えないなら明日で構わん。」

「明日かよッ! …金貨1枚で頼む。」

「ケチな主を持つと、部下は恵まれないな。」

ブツブツと恨みがましく文句を言いながら、部下の男が華奢な体躯に似合わぬ、二振りの大剣を両手に構える。

目の前には熊のような姿の魔物、空中からは猛禽のような魔物。

合わせて二十体近くは、いるだろう。

二人対この大所帯。さらにこちらには地の利もない。

そんな悪条件の揃う中、それでも主の男はにやりと笑う。

「頼むぜ親友。」

「任せろ大馬鹿。」

定型句と化したコトバを交わし合ってから、二人は魔物の群れに踊りかかった。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kerutomeideli.blog15.fc2.com/tb.php/11-2fa41aad



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。