たまねぎ便り

LunaLarmoキャラ紹介リベルディシュ関連キャラ紹介ゾンビサバイバル
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-26-Sat-01-14

第一幕 旅の目次に出会いは必須

旅の始まり。
クロミヤとムーンサルトが少女と出会う話。
【1-1<この旅、前途多難の予感>】

・・・用語集・・・

王都
 王の住む城のある場所。
城の周囲には貴族邸宅があり、さらにそれを囲むように城下町が存在する。
近くの川や地下水を利用した、水路や井戸の発達により、水にはあまり困っていない。
が、王都の周りはたまに草があるくらいの赤茶けた大地に囲まれている。
また、王都から北に一日進んだ所にある森は、古くから王族や貴族やその護衛の者たち以外は
立ち入ってはいけない、神聖な場所とされている。

月の涙<ルーナラルモ>
 頭のムーンサルトしかいない盗賊団。
かつては団員が大勢いたが、ムーンサルトが頭になった頃から、ヴァイパーの脅しやら加齢やらの諸事情で、
とうとう団員が一人もいなくなってしまった。
しかし、貴族や現国王の弟からも宝石を盗み出したりと、ムーンサルト一人になっても活動を続けており、
盗賊や闇業界の者たちからは未だに一目置かれる存在である。


・・・あらすじ・・・

都から旅立ったクロミヤとムーンサルトの二人は、街道で行き倒れの少女を発見する。
助けるのかと思いきや、荷を漁り始めようとした二人に、少女の怒りの叫びが飛ぶのだった。-


- * - * - * - * - * - * -


【1-2<襲撃☆盗賊団ウルなんちゃら団>】

・・・用語集・・・

カンショ
 紫色の皮のイモのこと。焼き芋にしたりスイートポテトにしたりするととても美味しい。

猛獣の爪<ウンゲーゴ>
 ヴァイパー率いる、団員が50名を超えるほどの巨大盗賊集団。
だいたい4~8人くらいのグループに分かれて、旅人、商人、老若男女、金持ち貧乏人問わず襲い、
金目の物を残さず奪い取る。ただし、武器は持っているものの、一部の団員や頭のヴァイパー以外に
まともな武術を使える者はいない。
また、傍若無人なヴァイパーの態度に反感を持つ団員も多いらしい。

勇者
 伝説の剣を抜ける特別な人間の総称。全国共通の一般認識で、誰よりも強い人とされている。

伝説の剣
 勇者と呼ばれる特別な者以外、抜けないとされている剣。
鞘に入った状態の伝説の剣は、見た目ただの錆びた剣なので、見る人が見ないと伝説の剣だとはわからない。

巨人族<トロール>
 寸胴の、3mくらいの背丈のある巨大な人型のモンスター。人型をしているが人間とは似ておらず知能も低い。
怪力なので暴れると手をつけられない。個体数は多くなく、普通は、人の寄り付かない山奥に生息している。

フライパン
料理もできて武器にもなる万能器具(笑
モンスターにはそこまで大したダメージを与えられないが、人を気絶される分には有効。


・・・あらすじ・・・

、夕食をとっていたクロミヤ・ムーンサルト・少女を取り囲む不穏な影。
それは、巨大盗賊集団・猛獣の爪<ウンゲーゴ>の一味だった!
少女に勝手に勇者であることをバラされたクロミヤは、伝説の剣で応戦しようとするも、剣が抜けない!?
しかし、そうこうしている間に、ウンゲーゴの盗賊たちは、自分たちが連れてきた巨人族<トロール>に
次々と伸されてゆくのだった…。-


- * - * - * - * - * - * -


【1-3<逃げるが勝ちっしょ!>】

・・・あらすじ・・・

ンゲーゴの盗賊たちを全滅させたトロールの、次なる標的はクロミヤ・ムーンサルト・少女の3人!
トロールをかく乱しようと三者三様の方向へ逃げ出すが、トロールは迷いなく一番足の遅い少女の方へ。
少女の真後ろでトロールの足音が聞こえ、悲痛な音が、その場の空気を揺らすのだった…。-


- * - * - * - * - * - * -


【1-4<カンショは焼き芋派だ>】

・・・あらすじ・・・

一髪、ムーンサルトが身を挺して少女を守り、トロールと交戦するが、このままでは彼の体力が持たない!
案の定、すぐにムーンサルトは倒れてしまい、もうだめかと思ったその時、
少女の助言で伝説の剣を抜いたクロミヤが、トロールに剣を振り下ろしたのだった。-


- * - * - * - * - * - * -


【1-5<旅に出会いなんかいらねぇええ>】

・・・用語集・・・

回復魔法
 ピピコの使う魔法。
ピピコ曰く、父様に教わったとのこと。まだ一部の偉い人にしか知られていない。

大橋
 クロミヤとムーンサルトの旅の目的地らしき場所。また、ピピコは大橋付近の街を目指しているとのこと。


・・・あらすじ・・・

、ムーンサルトが目を覚ますと昨日の怪我が治っていた。
不思議がるムーンサルトに、クロミヤが少女の回復魔法で彼の怪我を治癒したことを告げる。
しかし、それは国家機密級の、偉い人や偉い魔法学者しか知らないはずの魔法だった!
そんな正体不明の少女も軽いノリで旅に加わり、一行は北の大橋を目指し、旅路を行くのだった。-

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kerutomeideli.blog15.fc2.com/tb.php/5-6e0ff92a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。