たまねぎ便り

LunaLarmoキャラ紹介リベルディシュ関連キャラ紹介ゾンビサバイバル
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-01-Thu-23-59

未来の話でもしようか。

エイプリルフールですね。
こんばんは、祐喜です。
折角の嘘つき日和だというのに、今年はウソネタを何も考えていなかったり(笑
というわけで、LunaLarmoのメンバーに、物語の今後の展開を予測してもらいましたー。
ちなみに、彼らの話が事実か否かは、読んで下さった皆さんの判断にお任せします(ぇ
つづきからどうぞー。
【オリキャラさんに突撃インタビューバトン!(未来予測編)】


--説明--

自分のオリキャラさんに、自分の出ている物語の結末を予測してもらいましょう。
質問の対象のオリキャラさんは何人でも構いません!
もちろん、あくまで予測ですので事実でなくても構いませんよ!
まだ完結していない物語のオリキャラさん向けです。

●あなた(あなたたち)のお名前は?

クロミヤ「クロミヤですが何か。」
ムーサ「ムーンサルトだ。」
ピピコ「ピピコだよー!」
ヴァイパー「ヴァイパーだ。」
カッシーナ「カッシーナだ。」
ムーサ「Σお、お頭いたんですかッ!!?」
カッシーナ「あ゛ 何か文句でもあんのか?」
ムーサ「いえ、まさかそんな…。」
ツカハラ「(俺もいるんだけどな…;)」

ちょっと人数多かったかな…;
今のところLLキャラ紹介のところに載ってる人、全員呼んでしまいました(爆

●あなた(あなたたち)の登場している物語はどんなお話ですか?
 数人で答えている場合は、代表で主人公さん、お答え下さい。

クロミヤ「俺がラスボスズッパーンな話ですね。」
ムーサ「(なんか否定しきれない気がするワケなんだけど…)」
ピピコ「違うもん!アタシの冒険記だよ!」
クロミヤ「ハッ、馬鹿ですね。ここは主人公が答えるパートですよ。」
ピピコ「ふふん。残念、実はこの物語の主人公ってアタシなんだよねー♪」
クロミヤ「俺です。」
ピピコ「アタシだもん!」
クロミヤ「こーなったら、カンショで勝(ry」
ヴァイパー「(帰りてェ…)」イライラ
カッシーナ「ムーンサルト、誰だこのウルサいガキ共は…!」
ムーサ「あー、こいつらはその、今の俺の連れで…」
ツカハラ「(このメンバー、収拾がつかんな;)」

勇者一行が大橋を目指して旅する物語です!

●なるほど。では、あなた(あなたがた)のお仲間さんについて教えて下さい。
 数人で答えている場合は、代表で一番バカな方がお答え下さい。

クロミヤ「ハッ、人を馬鹿にした質問ですね。」むかっ
ムーサ「一番バカな方って…」
クロ&ピピ『ムーサ、よろしくっ♪』
ムーサ「って、そこで俺なワケ!!?」
ヴァイパー「ハハハッ、勇者殿と嬢ちゃん、良いコト言うじゃねェか!」
カッシーナ「誰でもいいからさっさと答えろ。」イラッ
ムーサ「(びくっ!)え、えーと、クロミヤが勇者でピピコが少女っしょ、
それとヴァイパーがウンゲーゴの頭で、カッシーナのお頭がルーナラルモの先々代のお頭なワケ。
ちなみに俺が、ルーナラルモの今の頭な。」
ツカハラ「おい、ムーンサルト…。」
ムーサ「Σお、オヤジ、何時からいたワケ!!?」
ツカハラ「(最初から居たんだがなぁ)…い、今来たばかりだ。」
ピピコ「へぇー!この人がオヤジさんかぁ。」
クロミヤ「ムーサに似ても似つきませんねぇ。」
ツカハラ「(LLキャラ紹介読みつつ)あぁ、君たちがムーンサルトの連れの…。
いつもムーンサルトが世話になってるな。」

カッシーナのイライラ度指数が上昇しつつあるのでいい加減先に進みましょー;
にしてもピピコ、ツカハラの名前をオヤジと勘違いしてるんじゃ;;

●あはは。いいお仲間さんたちですね。
 では、あなた(あなたがた)の未来(結末)がどうなるかの予測を、思うままに語っちゃって下さい!

クロミヤ「ラスボスズッパーンです!」
ピピコ「まだまだいっぱい冒険するもん!!」
クロミヤ「ハッ、馬鹿ですねぇ。ラストは俺がシメるに決まってるじゃないですか。」
ピピコ「じゃあその後クロミヤとムーサとカンショ巡りの旅に出るし!」
ムーサ「カンショ巡りの旅って何よ!!?」
クロミヤ「はは、そんなことも知らないんですか。馬鹿ですねアホ丸出しですね馬鹿ですね。」
ヴァイパー「あん? 知らなくて悪いか勇者殿よォ。」ブチッ
ムーサ「お前らなぁ、バトンでケンカしても仕方ないっしょ…;」
ヴァイパー「テメェは黙ってろウゼェんだよこの善人被れがッ!!」
クロミヤ「ムサ男の分際でねちねちぐちぐち五月蝿いです!!」
ムーサ「あぁ、悪い。………って、何で俺が責められてるワケ!?(汗」
カッシーナ「未来のことなんざ分かるわけねぇだろ。
おい作者、まさかこれを答えさせるためだけに俺を呼んだんじゃないだろうなぁ?」イラッ
ツカハラ「まぁまぁ、お頭もヴァイパーも勇者さんも落ち着いて。
…これは一旦、間を置いた方がいい。また1時間後に来てくれないか?」

-1時間後-

クロミヤ「カンショの焼き芋うめぇです。」むしゃむしゃ
ピピコ「あ、これもおいひい!スイートポテトがないのが残念だけど。」もぐもぐ
ツカハラ「すまんな。難しい料理は作れない。」
ピピコ「でもオヤジさんの料理とっても美味しいです!」
ヴァイパー「この肉、なかなかイケるぜェ!」がつがつ
カッシーナ「ツカハラ、この酒、どこの銘柄だ?」ぐびぐび
ムーサ「(お、オヤジの料理の威力すげぇ…!!)」

(では、改めまして質問です。物語の未来予想を1人一言でどーぞ!by祐喜)

クロ&ピピ『カンショ巡礼の旅!』もぎゅもぎゅ
ムーサ「なんか最初と予測変わってねぇ!?しかも巡礼って何!!」
ヴァイパー「俺が盗賊どものトップに君臨する!」もぐもぐもぐ
カッシーナ「未来のことなんざ分かるわけねぇだろ。何度も同じこと言わせんな。」ぐびぐび
ツカハラ「ムーンサルトは、何か言わなくていいのか?」
ムーサ「俺?俺は……」

●あら、もう時間なのでここで強制終了させていただきます。ありがとうございました!
 最後に、このバトンを回したい親御さんの指名をどうぞ。

ムーサ「この扱いヒドいっしょ!!!」
クロミヤ「………プッ。」←すごくムカつく顔
ピピコ「むむむ。く、クロミヤの顔芸恐るべしだわ!」
クロミヤ「ハッ、少女にはこの崇高な顔を真似できませんねぇ。」
ムーサ「いや、その顔に真似する価値ないっしょ!!」
ツカハラ「で、親御さんの指名だが…」
ヴァイパー「おい、うちのバカ作者からカンペ回ってきたぞ。」
カッシーナ「『以上で、今年の嘘バトン終了!』だと…?」ブチッ
ムサ&ツカ『お頭、落ち着いて…!!』
カッシーナ「…なんてな。怒る気にもなれねぇよ。」
ムサ&ツカ『ほっ。』
カッシーナ「ただ作者……後でツラ貸せ。」
ムサ&ツカ『(って、やっぱ怒ってた!!?)』
ピピコ「でも、ご飯食べられたからアタシは満足だしー♪」
クロミヤ「カンショはやっぱり焼き芋派です!」

以上、エイプリル恒例(?)の嘘バトンでしたー!
自分で勝手に作ったニセモノバトンということで、好き勝手やらかしました!
ただ、あまりに99.9%が不毛な会話すぎて読むの疲れそうですね; 申し訳ないです><;
それにしても、なんてまとまりのない面子なんだ…!!
ちなみに、ツカハラさんの料理は格別美味いってほど美味くはないですが、
この面子の味覚を満足させるには十分な味だったようです。

嘘を本当にしてやってもいいぜ!って方は、バトンキャッチしてやって下さい(笑
ちなみに、このバトンの更新が4月1日に間に合ってるってこと自体が嘘だったり!(爆

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://kerutomeideli.blog15.fc2.com/tb.php/50-d809d69c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。